法華経はなにを説くのか(春秋社)

いま“この自分”に目覚める。

仏教は“さとり”を説く。
仏教の常識では、“さとり”は仏の境地とされるのだが、
『法華経』によれば、“さとり”は、人間、みんなが具えている「気づける能力」である。
人間、誰もが、すべてにわたって、“気づく”ことであり、気づいた者のこころの力である。

⬛久保継成プロフィール
在家仏教こころの会会長。昭和11年東京生まれ。 東京大学文学部印度哲学梵文学科卒。同大大学 院博士課程修了。元立正大学仏教学部講師。元国際仏教学研究所代表。文学博士(立正大学)。 著書『法華経菩薩思想の基礎』(春秋社)、『在家主義仏教のすすめ』(いんなあとりっぷ社)、『これからの日本人と仏教』(角川書店)、『自らの人生を拓く 』(春秋社) 、『法華経はなにを説くのか』(春秋社)、『智慧の世界へ』(一陽舎)、他。共訳『法華経 一~六』(一陽舎)。
販売価格
1,944円(内税)
サイズ
購入数